FC2ブログ








漫画紹介⑯ あまんちゅ!

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
(2009/08/10)
天野 こずえ

商品詳細を見る


『あまんちゅ!』とは
海とダイビングが大好きな元気いっぱい少女・小日向光
東京から引っ越してきた引っ込み思案な少女・大木双葉
夢ヶ丘高校に入学し出会った2人の少女達が入部したのは、ダイビング部。 自然豊かな伊豆半島を舞台に、ダイビングを通して四季折々の素敵な日常の幸せを二人で満喫します。
(公式サイトより)

『ARIA』でおなじみの天野こずえ先生の最新作ですが、ようやく読むことができました
前作『ARIA』が近未来の火星が舞台だったの対してこれは現代の日本が舞台ですが、「水」がテーマになっている点は同じみたいですね
言い回しは相変わらず藍華ちゃんからツッコミが入るくらい恥ずかしいものになっていますw
ぴかりよりてこの方が主人公っぽい?


「続きを読む」からコメント返し

ライトノベル紹介⑦ 僕は君たちほどうまく時刻表をめくれない

僕は君たちほどうまく時刻表をめくれない (ガガガ文庫)僕は君たちほどうまく時刻表をめくれない (ガガガ文庫)
(2011/11/18)
豊田 巧

商品詳細を見る


『ゆりてつ』の記事でステマしてたラノベです
『ゆりてつ』が鉄知識ゼロの女の子を主人公とした百合百合した作品ならば、これは鉄知識ゼロの男子高校生がガチ鉄子のヒロインに振り回されるというラブコメ作品
相変わらず書かれていることはマニアックで説明のための挿絵もほとんどありませんが、こちらも知識なしでも問題なく読めると感じました
文量も少なめな方だと思います


「続きを読む」からコメント返し

漫画紹介⑮ ゆりてつ 私立百合ヶ咲女子高鉄道部

ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 1 (サンデーGXコミックス)ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 1 (サンデーGXコミックス)
(2011/10/19)
松山 せいじ

商品詳細を見る


『ゆりてつ 私立百合ヶ咲女子高鉄道部』とは
桜舞う4月。日野はつねは私立百合ヶ咲女子高等学校に入学して高校生活の第一歩を刻む。入学初日、帰宅途中の上野駅で同じ学校に通う能登まみこ石塚まろん鶴見はくつると出会ったはつね。なんと3人に誘われるまま、なりゆきで上野駅に停車していた北斗星に乗り込んでしまう。
車中で3人に事情を聞くと、なんと3人は新しい部活動として鉄道部を立ち上げたいのだと言う。部活動申請には4人以上の部員を必要とする。3人はそのために、はつねを巻き込んだのだ。事情を聞いて驚くはつねだが、高校を入学したばかりで親しい友人がいない彼女は、憤慨することなく鉄道部に入ることを了承し、なんと部長まで引き受けてしまう。
そして、はつね、まみこ、まろん、はくつる。4人の鉄道部、通称「ゆりてつ」による全国路線行脚の部活動が幕を開ける。
(wikipediaより)

最近流行の美少女+サブカルチャーを扱った作品の1つで鉄道が題材になっている
いわゆる鉄子ってやつですね
作者がかなりの鉄道マニアらしくマニアックな描写が多く登場しますが、そこまで鉄道の知識がなくても問題なく読めると思います
ところで主役の女の子達は本当に高校生なんですかね…
絶壁すぎるw


同作者が挿絵を担当し、同じテーマを扱ったライトノベル作品『僕は君たちほどうまく時刻表をめくれない』も読み終わり次第感想を書く予定


「続きを読む」からコメント返し

漫画紹介⑭ デンキ街の本屋さん

ネタに困った時の漫画紹介記事
が、そろそろストックが尽きそうな模様;;


デンキ街の本屋さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)デンキ街の本屋さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2011/11/22)
水あさと

商品詳細を見る


『デンキ街の本屋さん』とは
「日本のとある電気街」に建つ架空の書店「BOOKS うまのほね」を舞台に、店員たちの日常を描く青春ラブコメディ漫画である。
(wikipediaより)

モデルはおそらく「とらのあな」だと思われる
当初はオタクショップを舞台にした日常系作品といった感じだったが、最近はちょいエロネタや変態ネタが増えてる傾向にあるかな
男女のダブル主人公というスタンスで男主人公と表紙の子にフラグは立っておらず、表紙の子は別の男性キャラとフラグが立っている

漫画紹介⑬ ハレルヤオーバードライブ!

ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2009/11/12)
高田 康太郎

商品詳細を見る


『ハレルヤオーバードライブ!』とは
主人公・朝桜小雨は、中学校卒業時に好きな女子に自作の歌で告白するが、「好きな人がいる」と言われてフラれる。その女子の好きな人がバンドマンだと知った小雨は、リベンジのために高校でバンド活動を行うことを決意する。
進学した明狼学院で軽音楽部を探していた小雨は、そこで金属理化学研究部の副部長・空次ハルと出会う。彼女から「音楽の魔法を信じるかい?」と問われ、金属理化学研究部へと導かれた小雨は、金属理化学研究部の「公開実験」を聞いてハルに惚れ、金属理化学研究部に入部する。
(wikipediaより)

以前よりぞえりんさんが絶賛されている漫画でようやく読むことができました
なるほど、けいおんが女子高生ゆるっと青春ストーリーに対してこれは王道青春ラブコメストーリーといった感じでまた違った楽しみ方ができそうですね
ハルさんがちっちゃくて可愛い


「続きを読む」からコメント返し

漫画紹介⑫ ハイスコアガール

前記事で書いたやつ


ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)
(2012/02/25)
押切 蓮介

商品詳細を見る


『ハイスコアガールとは』
1991年。雲仙普賢岳の噴火、湾岸戦争の勃発、様々な事件が世間を騒がせたこの年、そんなこととは全く無関係にゲーセン通いをしていた当時小学6年生の矢口ハルオは、1人の強敵に出会った。クラスメイトの大野晶。下町のゲーセンには不似合いな、成績優秀で金持ちのお嬢様である彼女は、実は凄腕のゲーマーだった。ゲームしか取り柄の無いハルオは、憩いの場から晶を追いだすため、手段を選ばずハメ技を使ってまで勝とうとするが、激怒した晶に殴り倒された上、行きつけのゲーセンから出入り禁止を喰らってしまった。これが2人の因縁の始まりだった。
(wikipediaより)

2012年ブロスコミックアワード大賞受賞、2013年版の『このマンガがすごい!』オトコ編でも2位を獲得した話題作
年末に最新3巻が発売されてたので正月休み中に一気に読んでみました
気になりつつも表紙の絵柄から若干敬遠してた自分が馬鹿でした;;
面白すぎる、こんなに続きが気になる漫画に出会ったのは久しぶりのような気がします
90年代初頭から物語が始まるので時代に沿ったアーケードゲームネタ(主に格ゲー)が頻繁に登場するのですが、ラブコメ要素がしっかりしてるので元ネタが分からなくても問題ないと思います(餓狼伝説とか懐かしかったですけどw
1巻はそれほどラブコメしてませんが、2巻から第2ヒロインが登場して見事に三角関係を形成してくれてます
3巻がもの凄いいいところで終わったので4巻が待ち遠しいですね…

漫画紹介⑪ こずみっしょん!

こずみっしょん!  (1) (まんがタイムKRコミックス)こずみっしょん! (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2012/11/27)
榛名 まお

商品詳細を見る


『こずみっしょん!』とは
友達いない歴=年齢な真木鈴子に高校で初めてできた友達星垣臣美は、実は宇宙人だった・・・。超常現象を解明する不思議解明部を舞台に送る、少し変わった日常生活を描いた4コマ漫画作品。
(wikipediaより)

『ぐーぱん!』の榛名まお先生の最新作
高校でできた友達が実は調査のために地球にやって来ていた宇宙人でしたっていう日常系作品
相変わらずの可愛い絵とクスリとくるオチでテンポもよく楽しく読ませていただきました
臣美と出会うまでの鈴子が中二病でぼっちという設定に泣いた(まさか便所飯の描写があるとは…
『ぐーぱん!』を超える4巻以上の刊行に期待


「続きを読む」からコメント返し

漫画紹介⑩ 私のおウチはHON屋さん

私のおウチはHON屋さん(1) (ガンガンコミックスJOKER)私のおウチはHON屋さん(1) (ガンガンコミックスJOKER)
(2010/09/22)
横山 知生

商品詳細を見る

『私のおウチはHON屋さん』とは
小学5年生の女の子・中沢みゆには大きな悩みがある。それは、中沢家の家業が祖父の代から50年続いている恥ずかしい本の専門店であること。そうは言ったものの、店主である父・しげるを放っておけるはずもなく閉店の危機には体を張ってコスプレを披露し、来客の求める本を確実に在庫から見つけ出すスーパー店員ぶりを発揮するのであった。
(wikiより)

小学生の女の子がエロ本屋で働いてるっていうとんでもない設定の作品ではありますが、その点を除けばいわゆる日常系作品といっても問題ないと思います
エロ本屋が舞台ではありますが、エロい描写はほとんどありませんのでご安心を
まあ、アニメ化は難しい作品ではありますが…


「続きを読む」からコメント返し

ライトノベル紹介⑥ 生徒会探偵キリカ

生徒会探偵キリカ1 (講談社ラノベ文庫)生徒会探偵キリカ1 (講談社ラノベ文庫)
(2011/12/02)
杉井 光

商品詳細を見る

学園内で起こるちょっとした事件を生徒会・会計であるキリカを中心に解決していくストーリー
タイトルに探偵と付いていますが、そこまで探偵してるわけではないのでそこを目的に買われると物足りない感があるかもしれません
実際にキリカが調査を開始してから解決まで数ページで終わってしまいますし
『神様のメモ帳』からシリアス要素を除いたって感じになるんでしょうか?
『楽聖少女』を読んで杉井光作品は文量多めなのかと思ってましたが、これはそこまで多くなかったです
既刊3巻なのでサクッと読んでしまいましょうかねw

ライトノベル紹介⑤ キノの旅

連れの話聞いてたら久しぶりに読みたくなったので続き買ってきたw
最後の読んだのが中学か高校の頃なので10年くらい前か;;
自分が黒星ファンになった作品でもあります


キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))
(2000/07)
時雨沢 恵一

商品詳細を見る

知ってる方も多いと思いますが、主にキノと喋るモトラド(二輪車)がさまざまな国を訪れ、その国の人々との交流が描かれています
この国ってのが一癖も二癖もある国ばかりでシリアスな話も結構あります
短編形式で登場人物も少ないのでやっぱり読みやすいですね
ただ、最後に読んだのが10年も前ということで記憶があやふやで;;
そう言えば、もう1人の主人公ポジの青年と犬っていたなあ…
来月には1年振りに新刊が出るみたいで…よくネタが尽きないなと…


「続きを読む」からコメント返し