FC2ブログ








漫画紹介⑨ ナナマル サンバツ

ネタがないので久しぶりに漫画紹介記事でも書きますか


ナナマル サンバツ (1) (角川コミックス・エース 245-4)ナナマル サンバツ (1) (角川コミックス・エース 245-4)
(2011/05/02)
杉基 イクラ

商品詳細を見る

ナナマル サンバツ (4) (カドカワコミックス・エース)ナナマル サンバツ (4) (カドカワコミックス・エース)
(2012/09/01)
杉基 イクラ

商品詳細を見る


『ナナマル サンバツ』とは
主人公・越山識は、ひょんなことから新入生歓迎会で「クイズ研究会」による早押しクイズ大会に参加することになる。隣席の競技クイズ経験者・深見真理の押しに圧倒され、最初は戸惑うばかりだった識だが、彼女の押しを見ているうちに、「早押しクイズの問いには答えを確定できるポイントがある」ことを理解する。そして知識と推理を駆使して難問に正解し、それまで経験したことのない感動を得る。
その後、真理に知識量を見込まれ、新入生向けのクイズ大会に誘われた識は、そこで0.1秒を争う「競技クイズ」の世界を目の当たりにする。大会で出会った御来屋千智の実力に圧倒されながらも、識は競技クイズにのめり込んでいく。
(wikiより)

「競技クイズ」を題材とした珍しい作品です
早押しクイズを中心に一般的には知られてないテクニック等が細かく解説させています
一番驚いたのは回答ボタンが反応する直前の位置まで押し込んでおくというテクニック(実際に使われているのだうろか?
QMAの上位ランカーはこういう人達なんでしょうねえ;;
余談ですが、アニメなどのオタク系の問題に強い俺達の分身ともいえるキャラが登場しますw


「続きを読む」からコメント返し
>かがりんさん
過去の人物が再登場するのも逆転裁判の醍醐味の一つですよね
ただ、8年も経っているので見た目が大きく変わってしまうキャラもいるわけで…
はみちゃんとかはみちゃんとかはみち(ry

4失敗の原因はナルホドくんをああいう立ち位置で登場させてしまったことでしょうね;;
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akishigu.blog105.fc2.com/tb.php/577-de13e4e8